ビューポイント~マウントカーメル編~ | ザイオン国立公園

ザイオンキャニオンとは違う景色が楽しめる”マウントカーメル”

ザイオン国立公園から、ブライスキャニオン国立公園へ向かう時はこの道を使う。

シャトルバスは走らないので自分の車、もしくはツアーで行くしかない。

遠回りになるがみどころが満載なので是非立ち寄ってほしい。

ザイオン国立公園地図

ザイオン国立公園の南エントランスから約2kmの地点にザイオンキャニオン・ジャンクションがある。そこからマウントカーメルハイウェイ(UT-9)へ入り、東エントランスに向けて走る

  • グレートアーチ(Great Arch)
  • マウントカーメル・トンネル(Mt. Carmel Tunnel)
  • キャニオンオーバールックトレイル(Canyon Overlook Trail)
  • チェッカーボードメサ(Checkerboard Mesa)
  • 東入口付近にあるザイオンマウンテン・ランチ(Zion Mountain Ranch)

人気ビューポイント”5か所”

グレートアーチ(Great Arch)

マウントカーメルハイウェイ(UT-9)の急勾配のくねくね道を進むと、目の前に岩の一部が巨大なアーチ型にくりぬかれている不思議な情景が目に入ってくる。

車道わきに車を停めて、頭上高く広がる巨大アーチを撮影していると、グレートアーチの上を歩いている人々がいる!

そうなんです。グレートアーチに上がることが出来ます。

そこはキャニオン・オーバールック(Canyon Overlook)というトレイル。トレイルヘッドは、マウントカーメルハイウェイ(UT-9)を更に進みマウントカーメル・トンネル(Mt. Carmel Tunnel)を抜けてすぐにある。

マウントカーメル・トンネル(Mt. Carmel Tunnel)

全長1.1マイル(約1760m)。

標高は800フィートで、ザイオンキャニオンビジターセンターから約5マイル。

1927年から着工し、1930年7月4日に開通した。当時のアメリカ合衆国で一番長いトンネル。グランドキャニオン、ブライスキャニオンへのアクセスのために作られる。

砂岩の柔らかい地層は崩れやすく、後にコンクリートで補強されたが1958年トンネルの一部が崩壊した。
数週間で復旧したが、その後は崩落を事前に防ぐために24時間体制でナショナル・パーク・サービス(NPS)がトンネル内をモニター監視している。

■通行が禁止されているのは?

  • バイク及び、徒歩では通行できない
  • 高さ11フィート4インチ以上の車両
  • 50,000ポンド以上の重さの車両

■大型車両が通る時は、一方通行になる

1989年頃からツアー大型バスなどの大型車両が増加し始め、トンネル内で他の車両とすれ違うことが出来なくなってしまった。

  • 高さ11フィート4インチ以上、幅7フィート10インチ以上の車両
  • 1回$15の手数料で、1週間以内に2回まで通行できる

キャニオンオーバールックトレイル(Canyon Overlook Trail)

往復約1時間、1600mの道のり。高低差は約50m。

なだらかな斜面が続くトレイル。ジーパン&スニーカーなどのラフな格好でも大丈夫!

グレートアーチ(上記)の上部がこのビューポイント。下から見ると上に上がるのはちょっと怖そうに見えるが大丈夫、それほど怖くはない。上からの眺めは最高!

チェッカーボードメサ(Checkerboard Mesa)

まるでチェッカーフラッグ柄ように、白い岩肌はチェック模様をしている。

チェック模様ができるのは雨や風による侵食、そして冬場岩に染みた水が凍結し、膨張により岩が裂ける。
さらに隆起した時の摩擦熱が生じ、色々な条件が重なり、長い年月をかけてこのようなチェック模様が出来た。

ザイオンマウンテン・ランチ(Zion Mountain Ranch)

マウントカーメル・ハイウェイ(UT-9)を東に進み、ザイオン国立公園の東入口を出てから、約10分ほど車で走ると、右手に広大な牧場&キャビンが見える。

お昼頃バッファローがえさを食べに来るので見られることが多い。

  ザイオンマウンテン・ランチ(Zion Mountain Ranch)・詳細:ザイオンマウンテン・ランチ(Zion Mountain Ranch)(外部リンク)

タイトルとURLをコピーしました