トレイルと注意事項 | ザイオン国立公園

ザイオン国立公園の美しい景色を満喫!トレイルを歩こう

アメリカではグランドキャニオン国立公園に次ぐ大人気の公園。
初心者から上級者まで満足できるトレイルは、動物や木々、川の水があまりにも美しいので、少々難のあるトレイルも楽しく進める。

ザイオンキャニオンでは、シャトルバス停留所がトレイル出発地点となっている人気のトレイルが11ヶ所ある。

難易度の高いトレイルもたくさんあり、許可証の発行が必要なトレイルもあるので興味がある方は、ザイオンキャニオン・ビジターセンターで情報を得よう!

ここでは、その人気トレイル11ヶ所をガイドしよう!

初級トレイル “5ヶ所”

ウィーピング・ロック(Weeping Rock)

  • 長さ:0.8km
  • 高低差:30m
  • 往復所要時間:30分
  • シャトルバス停留所:Weeping Rock

急勾配な道は舗装されている。突き当たりに崖の一部が削られた凹室になっていて、頭上から雪解け水が降り注いでいる

アルキオロジー・トレイル(Archeologr Trail)

  • 長さ:0.6km
  • 高低差:24m
  • 往復所要時間:30分
  • シャトルバス停留所:Zion Canyon Visitor Center

小高い丘を登る。小さな有史以前の貯蔵建造物がある

パルス・トレイル(Pa’rus Trail)

  • 長さ:5.6km
  • 高低差:15m
  • 往復所要時間:1時間~1時間30分
  • シャトルバス停留所:Zion Canyon Visitor Center

舗装されているゆるやかな道。キャンプ地からキャニオンジャンクションまで、バージン川沿いを散策

リバーサイド・ウォーク(Riverside Walk)

  • 長さ:3.2km
  • 高低差:17m
  • 往復所要時間:1時間~1時間30分
  • シャトルバス停留所:Temple of Sinawava

道は舗装されている。バージン川沿いを散策する。緑が溢れ、小さなリスと出会うことが多い。
リバーサイド・ウォークの突き当たりは、ナロウズ(Narrows)の入口。

ナロウズ(Narrows)とは?

巨岩に挟まれた渓谷・バージン川の中をジャブジャブ歩いていく。全長25.6km。
ただし自分のハイキングレベル、それに体調などに合わせて、行程を決めればよい。とっても美しい場所で、とっても楽しい。

ただし、万全の準備を整えた上で出発しよう!出発前には必ず天候のチェックをすること。ザイオンキャニオン・ビジターセンターで情報が得られる。雨が降ると一気に水かさが増し、鉄砲水が発生する。

最も狭い渓谷はおよそ80cmほどしかない。そして川の深さが胸あたりまで来る箇所がある。散策季節は夏がベスト!それ以外の季節は川の水が冷たい。

ロアーエメラルド・プール(Lower Emerald Pool)

  • 長さ:1.9km
  • 高低差:21m
  • 往復所要時間:1時間
  • シャトルバス停留所:Zion Lodge

中級トレイル “3ヶ所”

ミドルエメラルド・プール(Middle Emerald Pool)

  • 長さ:3.2km
  • 高低差:46m
  • 往復所要時間:2時間
  • シャトルバス停留所:Zion Lodge

長い急勾配の未舗装の道が続く。冬季は閉鎖されることがある。
アッパーエメラルド・プール・トレイルへはここから更に急な崖を1.6km進む。

残念なことに温暖化が深刻な事態な現在、水がない。これはエメラルド・プールに限らず、ウィーピング・ロックでも水が激減している

キャニオン・オーバールック(Canyon Overlook)

  • 長さ:1.6km
  • 高低差:50m
  • 往復所要時間:1時間
  • トレイル出発地点:Mt. Carmel Highway-east of long tunnel

マウントカーメル・トンネルを東に抜けてすぐに、キャニオン・オーバールック・トレイルがある。グレートアーチの上部からの眺めはとっても素晴らしい

ウォッチマン(Watchman)

  • 長さ:4.3km
  • 高低差:112m
  • 往復所要時間:2時間
  • シャトルバス停留所:Zion Canyon Visitor Center

バージン川の支流を横切ったり、川沿いを散策する急斜面の多いトレイル。足場がぬかるんでいることが多いので十分に注意しよう

上級トレイル “2ヶ所” ※高所恐怖症の方には向かない

ヒドゥン・キャニオン(Hidden Canyon)

  • 長さ:3.2km
  • 高低差:259m
  • 往復所要時間:3時間
  • シャトルバス停留所:Weeping Rock

「天使が舞い降りる場所」と呼ばれる場所。そう、羽のないものがたどり着くにはすごく大変な道のりがまっている。

急勾配の細い道が続いていて、足を踏み外す危険があるので、鎖が取り付けられている。
残り0.8kmの道のりは、更に道幅が狭くなり急坂になる

オブザベーション・ポイント(Observation Point)

  • 長さ:12.9km
  • 高低差:655m
  • 往復所要時間:5時間
  • シャトルバス停留所:Weeping Rock

ザイオンキャニオンを一望できる、もっとも素晴らしい場所。ただしトレイルの道のりは厳しい。万全の準備をした上で挑もう!

トレイル散策・注意事項

落下に注意

ザイオン国立公園に限らず、全ての大自然は侵食、風化を続けている。いつ落石、地すべりが起こってもおかしくはない。 景色を見るのが一番の醍醐味だが、足元、頭上の落石など十分注意してトレッキングを楽しもう

  1. 小石などの砂利道では、足元が滑りやすくなるので、崖から足を踏み外さないように注意しよう
  2. 双眼鏡や写真撮影などをする時には崖から身を乗り出さないようにしよう。落下の危険がある
  3. むやみに石を転がしたり、投げたりしない。崖の下や、背後に別のハイカーがいる場合がある

決められたトレイルルートを外れない

決められたルートをハイキングするようにしよう。遭難の危険、そして植物破損の危険もある

天候を事前にチェック

晴天で、風のない日を選ぼう。雨、雷予報が出ているときは長いトレイル・ハイキングは避けるべき

特に狭い渓谷での川の中や川沿いをハイキングする場合は、鉄砲水(Flash floods)に注意しよう。雷雨が上流の何キロも先だからといって侮ってはいけない。トレイルは中断し急いで安全な場所に非難しよう

所持品・服装

ハイキングするトレイルに合わせて、事前準備をしよう。往復に何時間もかかるトレイルや、夏場炎天下の中でのトレイルでは、飲料水、栄養バランスの取れた高カロリー食料はもちろんだが、帽子、ハイキングシューズ、サングラス、日焼け止め、リップクリーム上着は必需品。ストック、懐中電灯もあれば尚良い

飲料水

アメリカ西部は砂漠地帯なので、空気が大変乾燥している。
トレイル散策に限らず、常に飲料水は携帯しておこう。ザイオンロッジ、キャンプグラウンドで販売している。

湧き水などの未処理の水は決して飲んではいけない

トイレ

トレイルヘッド(始発点)に簡易トイレがある場所もある。事前に調べて、済ませてから気持ちよくトレイルを散策しよう!

動植物にはえさをあげない、傷つけない

動物にえさを与える行為は国立公園内の規則で禁止されている。 見つかればパークレンジャーに注意、罰則を受ける。人間の食物を野生の動物に与えることは生態系を狂わす。 どんなにかわいい動物が現れても、決してえさを与えない勇気が必要

危険な動物に遭遇したら

サソリやタランチュラ、毒蛇など多数生息している。遭遇した場合は、あわてずに静かにその場を立ち去ろう

ごみはゴミ箱に、または持ち帰ろう

アメリカのどこの国立公園も比較的ごみはなくきれい。ナショナルパークサービスをはじめ、アメリカ国民は「美しい自然は、私たちだけが楽しむのではなく、後世にも美しい環境のまま伝えて行きたい」 精神から実行されている。観光する私たちも同じ精神を心がけよう!

ごみを捨てないことは動物の安全にも繋がる。人間が捨てたごみを誤って食べて死んでしまうことや、体に絡まって取れなくなり、やがて死んでしまうなど多数の事故が現実におきている。ポイ捨ては絶対にやめよう!

国立公園内の自然のものは持ち帰り厳禁

全ての国立公園、その他の公園にも共通することだが、動植物やその辺に転がっている石ころも持ち帰りは厳禁×規則は守ろう
「残すのは足跡のみ、持ち帰るのは想い出だけ!」

急病

ザイオン国立公園内、24時間救急電話番号:1-772-3322 又は、 911。

スプリングデール(Springdale)、ザイオンキャニオン・メディカルクリニック(Zion Canyon Medical Clinic)電話番号:1-772-3226。

近隣の町、セントジョージ(St. George)、シダーシティ(Cedar City)、カナブ(Kanab)にも病院がある。

アメリカでは、救急車やレスキュー隊が出動した場合は有料。日本と違って大変高い

タイトルとURLをコピーしました