天候・服装・便利な無料情報ツール | セドナ

夏と冬の寒暖差が激しいセドナ

こまめに水分補給!熱中症(熱射病)に注意

砂漠の真ん中にありながら、標高が1000mを越える場所にあるセドナは、夏でも日陰に入ると暑さをしのげる。しかし空気は乾燥しているので、飲料水を常に持ち歩こう!
そして日焼け止め、サングラスも必需品なので用意しておこう

旅行に必須!便利な無料情報ツール

ウェザーチャンネル(The Weather Channel)

時間ごとや、1か月先までの予報を見ることが出来る。レーダーやヘッドラインなど関連情報もある。  ウェザーチャンネル(The Weather Channel)(外部サイト)

グーグルマップ(google Map)

交通情報をリアルタイムで確認出来る。工事や事故などによる渋滞状況や、天候による道路閉鎖など利用価値大!  グーグルマップ(google Map)(外部サイト)

タイムアンドデイト(Time and Date)

朝日夕日の時間が先々までわかる。無料なのが凄い  タイムアンドデイト(Time and Date)(外部サイト)

服装について

夏場でも長袖をもっていこう

その日の天気、気温に合わせて選ぶのが無難だけれど、昔から「山の天候は変わりやすい」と言われている。

セドナに限らず、標高の高い公園などは天候が変わりやすい。 そこで!真夏でもセドナで朝を迎える場合は軽く羽織れるものを持っておいたほうが良い。
ただし、手で持って歩いているうちに無くしてしまったり、ツアーの車に置き忘れてしまったりするので、バッグに入るものがベスト!

トレイル散策する時は、記帳を忘れずに

セドナは、大自然の中をトレッキングを楽しめる場所がたくさんある。

しかし、急勾配な場所や、土道の幅がとても狭い場所などが多い。トレイル始発地点に名前を記しておくノートが設置されているところは、必ず記帳してから出発すること。

数年前、日本人女性がベルロック(Bell Rock)を散策中に、道を踏み外し転落死する事故が起こった。

タイトルとURLをコピーしました