国立公園&大自然の話題

信頼できる!安全安心なラスベガス発公園ツアー会社の選び方

ラスベガス発公園ツアーは、どこに頼んだら良いの?

ラスベガス発公園ツアーをネット検索すると、大手旅行社や、現地旅行会社などのサイトがヒットして、どのサイトからツアーを申込めば良いかわからない。

そして、人気公園もたくさんある。例えば、グランドキャニオン国立公園、モニュメントバレー、アンテロープキャニオン、セドナなど。

ツアー選びも悩みます。

基本的にラスベガス発公園ツアーは、バスまたはバンの車両ツアーがほとんど。

これまた移動距離も長い。

グランドキャニオン国立公園(サウスリム)までは、ノンストップで車で片道約440km、4時間かかる。
観光時間や休憩時間などを入れたら、グランドキャニオン国立公園日帰りツアーだと、約12時間かかる。

ラスベガス旅行中の大切な1日ををお任せする旅行会社。いったいどこに頼めば良いの?

まるラス
まるラス

ラスベガス旅行に精通したまるごとラスベガスが、

「信頼できる安全安心なラスベガス発公園ツアー会社の選び方」

忖度なしで真面目にお答えします。

まずは3択-日本の大手旅行社 or プラットフォーム型旅行社 or 現地旅行社

グーグルで「ラスベガス 公園ツアー」や、「グランドキャニオンツアー」や、「グランドキャニオン アンテロープキャニオン ツアー」などと検索してみる。

コロナ渦の今(2021年8月現在)、グーグルで広告を載せているツアー会社は非常に少ない。
広告を載せても申込みが入らなければ、クリックの分だけ損失が膨らむだけだ。

2016年頃までは、誰もが知る大手旅行社の広告が名を連ねていたが、現在は「プラットフォーム型旅行社」が目立つ

プラットフォーム型旅行社とは、言うなればAmazonや楽天などのビジネススタイルの旅行会社。

世界各地の旅行会社をエリアごとに数社ずつ集めて、各旅行社に販売スペースを与えて、自社ツアーの販売と顧客管理を任せる。
同じエリア内では、やはりツアー内容もかぶってくる。だから旅行社同士で、サービスの向上やツアー料金の値下げ、キャンぺーを打ったりなど、熾烈しれつな戦いが生まれてくる。

プラットフォームを提供する会社側は、まとめて広告を出して宣伝して、集客数を上げて、各社の売り上げから数パーセントを徴収するビジネススタイル。

代表的なのは、【タビナカ】と、ベルトラ
 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
日本の大手旅行社は、ツアーの販売と顧客管理は基本的に自社で行っている。世界各地の現地では、自社社員または現地契約旅行社(いわゆる下請け)が顧客の対応にあたっている。

現地旅行社は、プラットフォーム型旅行社と契約しているところもあるし、大手旅行社の下請けをしているところもある。それと同時に、現地旅行社自身でウェブサイトを作り、ツアーを販売している。
上記とは別に、大手旅行社ともプラットフォーム型旅行社とも契約せずに、自社でウェブサイトを作り、ツアーを販売しているところもある。

では3択のうち、どれを選択するべきか?

プラットフォーム型旅行社にツアーを販売している現地旅行社 が良い、と私は思っている。

なぜかというと、常にライバル社よりも集客を増やすべく、サービスの向上を図り、料金の値下げに必死に取り組んでいる。ツアー催行完了後に、良いレビューをもらうべく、ドライバーやガイドの教育も怠らない。

大手旅行社も、ツアーの質(車両やドライバー、ガイド、サービス)は、現地旅行社と変わりはない。ネームバリューも高い。ただ、いかんせんツアー料金が高い。

最終的にツアーを申込むのは、どこがいいの?

私が知っている日本人または日本語で公園を案内をしてくれる現地旅行社は、6社ある。

6社の中から1社を選ぶ、賢い探し方

  1. プラットフォーム型旅行社のウェブサイトに掲載している、気になる現地旅行社の名前を書きとめる
  2. グーグルで現地旅行社名からウェブサイト検索し、以下をチェックする
    • 掲載情報がこまめに更新されているか
    • インスタやツイッター、ブログは最近更新されているか
    • 会社概要に住所、電話番号、責任者名などの詳細がはっきり記載されているか
    • ネバダ州営業許可番号と、アメリカ運輸省発行のDOT Number、MC Numberが記載されているか
      (最重要!3つの番号がないと違法営業)
    • 掲載メールアドレスに何か質問を送ってみて、返信にかかる日数や、対応が良いか確認してみる
最終的に私が思う「信頼できる安全安心なラスベガス発公園ツアー会社の選び方」は、

自分の中で合格した現地旅行社のツアーを、プラットフォーム型旅行社のサイトか、現地旅行社のサイトか、料金の安い方から申込む。

まるラス
まるラス

私が良いと思う現地旅行社名は、ここでは控えます。

何故なら、信頼できるツアー会社を選べても、担当するドライバーガイドの当たりはずれは「皆様の運」だからです。

ラスベガスの日本人または日本語を話すドライバーガイドは、個性が強い人が多い。

素晴らしいアメリカ西部の大自然を満喫できることを、心よりお祈り申し上げます!

タイトルとURLをコピーしました