基本公園情報・ナバホ族、全米ネイティブアメリカンについて | モニュメントバレー

正式名称

モニュメントバレー | Monument Valley Navajo Tribal Park

スケール

  • 岩の高さ:120m~300m
  • 標高:約1696m
  • 総面積:約371,080.547平方km ユタ州とアリゾナ州にまたがっている

管理/所在地/時差/開園時間

  • 管理:ナバホ族
  • 所在地:ユタ州、ナバホ族居留地
  • 時差:ナバホ・タイム(ユタ州と同じ)ネバダ州 +1時間時差がある。
    ※ただし、隣接しているペイジはアリゾナ州。夏時間を採用していない。
  • ビジターセンター開園時間:
    夏(4/1~9/30): 6:00am – 8:00pm
    冬(10/1~3/31): 8:00am – 5:00pm
  • 閉園:サンクスギビング(11月第4木曜日)、クリスマス(12/25)、ニューイヤー(1/1)

ナバホ族について

モニュメントバレーやアンテロープキャニオンを管理維持しているナバホ族(Navajo)
全米で一番広大な居留地を持ち、人口も一番多い約30万人。
約9割がナバホ族居留地内で生活している。
その内、モニュメントバレーには約300人が暮らしていると言われている。

全米のネイティブアメリカンについて

現在全米に563種族の先住民族(ネイティブ・アメリカン)が居住している。
人口は約280万人。
その内の1/3がカリフォルニア州、アリゾナ州、オクラホマ州に各種族が各居留地内で独自の政権、自治を持ち生活している。
アメリカ合衆国内務省のBIA(インディアン管理局)に管理されている。

ネイティブアメリカンの過去~現在

アメリカ大陸に先住していたネイティブアメリカンは、ヨーロッパからの入植者によって敗戦した。
勝者は栄養たっぷりの大地を取り、敗者は荒れ果てた砂漠地帯へと隔離された。
(↓この間の歴史については、まるごとラスベガスでは触れません)
1968年に公民権法が制定され、ネイティブアメリカンは、アメリカ合衆国の権利章典(基本的人権保障)を許可された。現在では一定の保護政策と、社会保障制度ある。
アメリカ合衆国連邦政府から先住民族種族ごとに、居留地を与えられ、生活を保障されており、税金はない。
そして大学までの学費は無料。 今ではほぼ取得不可能なカジノ経営権も与えられている。
しかし、これまで迫害されて、虐殺されて、全てを破壊されたネイティブアメリカンが、新たな生活を歩むことは、とても難しい。

ニューワールド症候群(New World Syndrome)のはじまり

今までの自給自足の健康的な生活から一転。 酒におぼれ、贅沢な食事を摂るようになりアルコール中毒、心臓病、糖尿病を患うことになる。
それ以降、ネイティブアメリカンは居留地内での飲酒及びアルコール類の販売は禁止となった。
ネイティブアメリカン居留地に立ち入る観光客も「飲酒禁止」なので、ご注意を!
タイトルとURLをコピーしました