ビューポイント~夏季限定エリア編~ | ブライスキャニオン国立公園

夏季限定エリアだけど・・・それほど、

ブライスキャニオン国立公園は南北にタテに長い形状をしている。公園入口から突き当たりの南側のレインボーポイントまでは、約28km。標高差はなんと!372mもある。各ビューポイントから眺める奇怪な岩々(フードゥー群)は、見る角度と標高が変わると、その表情もがらっと変化して、見ごたえ十分。

さて、このページは、ブライスキャニオン国立公園の南側半分の春夏のみ観光できるビューポイントを案内している。冬場は積雪時期には通行止めになってしまうエリア。

ただここだけの話、このエリアは、無料シャトルバスも走っておらず、車での移動時間も長い。そしてフードゥー群も見られないことからあまり観光する人はない。

見逃してはいけない、2つのビューポイント

ナチュラルブリッジ(Natural Bridge)


ナチュラルブリッジは絶対に見たい!整備された駐車場に車を止め、しっかりした柵から崖の下を覗くとぽっかりと穴の開いた岩が待っている。北側で見たフードゥー群とは全く違う景色に「同じ公園?」と感じる

レインボーポイント(Rainbow Point)

ブライスキャニオン国立公園の中で、一番標高が高い2778m。木々が多く壮大な景色を楽しめる
タイトルとURLをコピーしました