ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム体験レポート大自然・公園モニュメントバレー&グランドキャニオン&アンテロープキャニオン1泊2日ツアー(モニュメントバレー朝日鑑賞付き)
世界一美しい朝日・モニュメントバレー

今回体験してきたツアーとは!
現地老舗ツアー会社・パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー」ウェブサイトで販売されている。「世界一美しい朝日モニュメントバレー朝日鑑賞付き!モニュメントバレー&グランドキャニオン国立公園& アンテロープ1泊2日ツアー
http://www.park-tour.net/japan/tour/night/mv_gc/

では、体験レポートをどうぞ!

大満足!おすすめする3つの最大の理由

このツアーを案内してくれたのは、日本人のきさくなドライバー兼ガイド。歴は10年を超えるベテラン

おススメポイント!その1:驚きの格安ツアー料金

Q. なぜこんなに安いか?と疑問に思う。最近では「てるみく〇ぶ」の事件が起こってから、格安ツアーに不安の声があがっている。
色々調べたけれど、「モニュメントバレー朝日鑑賞が付いているツアー」は、すごく高いんだよね。もしかして、あとで何かしらの追加料金など請求されるのか?不安に思う人もいるだろう(現在の料金は「ラスベガス大自然ツアー」サイトで要確認)

A. 追加料金一切なし!まぁ当然だったな。
(っとここで 注意!某現地日系旅行会社のホームページで「ホースシューベンド 追加$○○」と発見!ホースシューベンドって入園無料なのに、何故お金取るの?と疑問に思った。皆さん注意してね。)
もちろん今回参加したこのツアーでは、ホースシューベンドは無料!ツアーに組み込まれている。

今回ツアーを案内してくれたのは、現地日系催行会社「TJ KIKAKU」。TJ KIKAKUは、この業界で1番実績のある昔からラスベガスにある旅行会社。
ツアーを催行するために必要な、全ての認可を取得してる正当な催行会社。・全車両コマーシャル車両保険加入・ネバダ州旅行業取扱認可・グランドキャニオン国立公園内営業許可・アメリカ合衆国運輸省認可(全車両にDOT番号記載)。

【差込記事】よく聞く違法ツアー = 白タクとは? 我々が被る危険とは?
お客さんを乗せて営業する車は、5名乗りでも50名乗りでも大きさに関係なく、必ず「コマーシャル車両保険」に加入しなければならない。
「コマーシャル車両保険」は非常に保険料金が高いそうで、「個人で加入する一般車両保険(日本でいう自賠責保険)」でお客さんを乗せてツアーをしている会社がある。これが違法ツアー、俗に言う白タク。

我々利用者にとって何が影響するかというと、万が一、大きな事故に巻き込まれ、怪我もしくは死亡した場合の保険支給額が少ない。または出ない。
国立公園では、パークレンジャー(警察)が見回っている。違法ツアーとわかれば最悪の場合「即刻退去」になる。ツアー中止。

簡単な見分け方は、
5名乗りの乗用車から、大型バスまで、す・べ・ての営業車両は
車両の側面に、US DOT番号「US DOT〇〇〇〇〇」が記されていなければならない。 アメリカ合衆国運輸省(DOT)が認可した正式な営業許可を持っているあかし。


日本の超有名ガイドブックに広告を載せている現地日系旅行会社の中にも、不正な営業形態でツアーを催行している会社がある。全車両にコマーシャル車両保険をかけていない。セダン乗用車にはUS DOT番号が記されていなかった。我々利用者は「自分自身で見極める目が必要」。
 

おススメポイント!その2:観光する公園やスポットの数が同様ツアーに比べ最多!

ツアー料金には、下記の公園入園料などがすべて含まれている。食事は昼食付き。今回カイエンタで宿泊したハンプトンイン(Hampton Inn)では、無料朝食バフェが付いていた

【1日目・見学ポイント】 ※ビューポイントの写真は下のスケジュールのところで見てね。

① アンテロープキャニオン(ロアーまたはアッパー)
② ホースシューベンド(20分ほどのトレイルの先に絶景が待っている)
③ グレンキャニオンダム・レイクパウエル
④ モニュメントバレー(ナバホジープツアー)

【2日目・見学ポイント】

⑤ モニュメントバレー朝日鑑賞(必見!!!)
⑥ キャメロン(休憩および先住民族のお土産などが買える)
⑦ グランドキャニオン国立公園サウスリム(ビューポイント3か所ほど見学)
⑧ ルート66名残の町・セリグマン(休憩およびルート66のお土産などが買える)

その3:計算された無駄のないスケジュール工程

さて、これだけの公園や観光スポットを2日間でまわると「各ポイントでの観光時間が少ないのでは?」と考えるかもしれないが、まったくそんなことはない。「絶対に逃してはいけない絶景ポイント」をガイドが上手に案内してくれる

体験レポート!モニュメントバレー&グランドキャニオン1泊2日ツアー

スケジュール

【1日目】

早朝5:00ごろ ガイドがラスベガス宿泊ホテルに迎えに来る
途中ユタ州ハリケーンのガソリンスタンドにてトイレ休憩あり

グレンキャニオンダム・レイクパウエル

10:00 アリゾナ州・ペイジの町に到着
グレンキャニオンダム・レイクパウエル観光

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン・ロアー観光
水の力により削られ流曲したアンテロープ渓谷に降り注ぐ太陽の光線が差し込まれた時、真っ赤な岩質が鮮やかなピンク色、むらさき色、青色に輝く。息を呑むほどに美しい。一番美しく見える時間帯に見学できる

ホースシューベンド

ホースシューベンド観光
駐車場から少しするとトレイルがはじまる
片道約20分ほどの平原を歩くと大地がなくなり、断崖絶壁となる。まるで馬の蹄鉄(ホースシューベンド)のような形をした絶景がまっている。 この大地をくりぬいたのがコロラド川

昼食はペイジの町にある中華料理店のバイキング(バフェ)
日本人好みの味

モニュメントバレー

15:00 モニュメントバレー到着
ナバホ族ジープツアーに参加(約1時間30分のツアー)
ナバホ族のドライバーがとても親切。先祖代々この地に暮らす人々にとって、この場所、この地球がとても神聖で尊いものだということがわかる

カイエンタ・ロッジ

日没前:モニュメントバレーふもとの町・カイエンタのホテルに泊
(モニュメントバレーからカイエンタの町へは車で約30分ほど)
夕食は各自で取る。町にはレストランやファストフードがある。そして現地で有名なナバホタコの店もおすすめ。スーパーマーケットもあるので便利

【2日目】

モニュメントバレー朝日鑑賞

日の出前:モニュメントバレーにて朝日鑑賞
かつて日本のTV番組で「世界一美しい朝日」に選ばれたモニュメントバレーの朝日。はるか遠くに見える地平線から徐々に太陽があがると、空と大地そしてそびえるモニュメントバレーの巨岩(ビュートとメサ)を彩り鮮やかに照らし出す。その情景はとても美しい

Hampton Inn朝食バフェ

モニュメントバレー朝日鑑賞後、荷物を取りにもどる。今回泊まったハンプトンイン(Hampton Inn)では、アメリカ朝食バイキングがあった(ロッジ側無料提供) 。自分で作るワッフルやスクランブルエッグ、ソーセージ、フルーツなどなど種類が豊富でとても満足

キャメロン

9:30 キャメロンにて休憩
巨大なお土産屋さんがある。先住民族が作成した美しい民芸品やジュエリーが豊富に取り揃えている

グランドキャニオン国立公園

世界遺産・グランドキャニオン国立公園・サウスリムに到着
イーストエントランスから入園
グランドビューポイントやマーサポイント、ブライトエンジェルポイントなどを観光
地球誕生の時から歴史を刻み続けているグランドキャニオン。ビューポイントからは肉眼でも美しい地層が見ることができる

ルート66・セリグマン

14:30 ルート66名残の町・セリグマンにて休憩
インターステイツ40から、ヒストリックルート66に入る。少し走ると懐かしい雰囲気が醸し出さしている街並みが出てくる
団塊の世代の人はとても懐かしい。「憧れのルート66」
数件のお土産やがあり、結構値段も安い。そして店内には日本の芸能人のサインなども飾られている。アイスクリーム屋もおすすめ。
18:00ごろ ラスベガスの宿泊ホテルに送迎

総評!100点。

本当に100点。このツアーは観光シーズンでは、1か月で約400人以上が参加しているという人気定番ツアーだとの事。

スケジュール内容も充実していて、観光ポイントも豊富。モニュメントバレー近郊の街カイエンタで宿泊したホテル「Hampton Inn」も綺麗で朝食もおいしかった。

ナバホ族居留地内にあるホテル(宿泊施設)が少ないので、「ホテルを確保するのが大変」とガイドさんが言っていた。「モニュメントバレーの美しい朝日を日本の皆さんに見てもらいたい!」という、TJ企画の長年に渡るこだわりだそうだ。

詳しくは取扱店へ問い合わせ

パークツアーサービス・ラスベガス大自然ツアー

販売元は「ラスベガス大自然ツアーhttp://www.park-tour.net/japan/(Park Tour Services Inc)で取り扱っている

今回体験してきたツアーは、「世界一美しい朝日モニュメントバレー朝日鑑賞付き!モニュメントバレー&グランドキャニオン国立公園& アンテロープ1泊2日ツアー
http://www.park-tour.net/japan/tour/night/mv_gc/

パークツアーサービスは、ラスベガス日系旅行会社では、1番か2番目の老舗で、15年以上前からラスベガス発格安ツアーの販売に力を入れている。「安かろう悪かろう」と思われがちだが、営業ライセンスを持つ正当な会社。スタッフは全員日本人で、対応も親切丁寧。我々消費者が安心して参加できるラスベガス旅行会社といえよう

TJ KIKAKU

モニュメントバレー&グランドキャニオン1泊2日ツアーを催行しているのが、ラスベガス現地催行会社・「TJ KIKAKU」(http://www.tjkikaku.com/)

ラスベガスでは老舗の日系催行会社。オーナーさんは非常に親しみやすく人情深い。アメリカに40年以上住んでいて「アメリカ西部の大自然に惚れ込んだガイド」

体験レポート・大自然編(4記事)

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧

【天気】ラスベガスと東京

【時間】ラスベガスと東京