ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム体験レポート大自然・公園フーバーダム・コロラドリバーブリッジ(大林組)
フーバーダム

ネバダ州とアリゾナ州の州境に位置するフーバーダム。ラスベガスから車で約40分。観光地としても大変人気のあるフーバーダムだが、ネバダ州、カリフォルニア州、アリゾナ州に電力と水を供給している大変重要な役割を果たしているダムである

1929年世界大恐慌の折、コロラド川の氾濫を防ぐべく、1931年に着工。わずか5年後の1936年に高さ221m長さ379mの巨大ダムが竣工した

この偉業は当時では考えられないほどの技術力、政治力を世界中に知らしめた。だかその裏では100名を超える作業者が事故などで命を落としている

完成当初はボルダーダム(Boulder Dam)と名がついていた。ネバダ州側の作業員が住んでいた町もボルダーシティである。その後1947年に建設当時の大統領の名ハーバードフーバーからフーバーダムと改名された

1985年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定

大林組が手がける「コロラドリバーブリッジ」2005年-2010年

祝!2010年11月「コロラドリバーブリッジ開通」

フーバーダム・大林組

ネバダ州とアリゾナ州をつなぐ道路US-93番は、とても重要な幹線道路で利用者も多い

問題点①:人気観光地でもあるフーバーダムは週末ともなるとものすごい渋滞になり、通り抜けるだけで30分~1時間を要していた

問題点②:2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件以降、フーバーダムもテロの標的になるかもしれないとのことで、警戒が強まり、US-93番のフーバーダムを挟んだ両方に検問がしかれるようになった。全車両検問を受けるのはもちろんのこと、荷物を積む大型トラックやキャンピングカー(アメリカでは、RV、レクリエーション・ビークルとよぶ)、スーツケースなどを積むツアーバスなどは検問を通過することができず、ラフリンを経由しないとラスベガスに入れなかった

ネバダ州とアリゾナ州州境

これらの問題を解決するためにフーバダムを迂回するバイパス道路「コロラドリバーブリッジ」の建設がはじまったのである

フーバダム・コロラドリバーブリッジ

2010年11月、コロラドリバーブリッジ完成により、色々な問題が解消された。これで今まで30分~1時間余計にかかっていた時間がなくなり早くラスベガスに到着できるようになった

コロラドリバーブリッジは車道のわきに歩道が作られており、上からフーバーダムを眺めることができる(一番上のフーバーダムの写真が橋の上から撮影したもの)。新たな観光スポットになっている

かつて不便だったころのラフリン経由の迂回路

かつて不便だったころのラフリン経由の迂回路

体験レポート・大自然編(4記事)

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧

【天気】ラスベガスと東京

【時間】ラスベガスと東京