ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム公園情報モニュメントバレー>ビューポイントと見学注意事項

ビューポイントと見学注意事項

メサとビュート

モニュメントバレーで呼ばれているの岩の形。メサ、ビュートの説明をしよう

メサとは?

メサ

ほぼ水平に堆積した地層に、極端な侵食が行われテーブル形状になったの台地の意

ビュートとは?

ビュート

メサの侵食が進み、台地面の直径が高さよりも小さくなったものの意

モニュメントバレーの中を走る道路について

バレードライブ(Valley Drive)

モニュメントバレー

全長27.2km。未舗装のガタガタ土道。徒歩での移動は禁止。モニュメントバレーのエントランス料金を払えば、誰でも自家用車で走ることが出来る

地図上では9つのビューポイントがあるが、公園内全体がビューポイントといっても過言ではない。野生の馬などの動物たちにも遭遇するかも知れない。バレードライブだけでも十二分にモニュメントバレーの雄大さを楽しむことができる

ミステリーバレー(mystery valley)

ナバホ族もしくは、契約社しか入れない道路。
ビジターセンター前でミステリーバレーにあるビューポイントを観光できるジープツアーを販売している。ナバホ族のドライバー・ガイドは歌や笛などを披露してくれる

モニュメントバレーのエントランス料金の他に、2時間コースや半日コースなどを販売している。 ツアー終了時にチップを渡すことを忘れずに!

ジープツアーの他にも乗馬ツアーやトレイルハイキングツアーなどがある。興味がある人はビジターセンター(1-435-727-5874)に問い合わせしてみよう!

バレードライブのビューポイント

モニュメントバレー地図

ザ・ミトン&メリックビュート

地図番号①

レフトミトン、ライトミトン、メリックビュート

バレードライブに入って一番最初のビューポイント。あまりの迫力にびっくりする。写真に入りきらないので、全体を撮影するならビジターセンターがオススメ!左からレフトミトンライトミトンメリックビュートと名づけられている。ミトンとは親指だけが分かれた手袋の意味。ナバホの人たちは名前を付けるのがうまい!

ジョンフォード・ポイント

地図番号④

ジョンフォード・ポイント

ジョンフォード監督(1894年2月1日~1973年8月31日)がとても気に入っていて、何度も映画で使われた景色。ジョンフォード監督はベストディレクター・アカデミー賞(Best Director Academy Awards)を、1935年、1940年、1941年1952年に輝いている。偉大なる西部劇監督だ

アーチスト・ポイント

地図番号⑦

トーテムポール

トーテムポールポイントは、バレードライブの一番奥にある。上部地図を見てもらうとわかるが、手前にはサンドスプリングスと呼ばれている砂の絨毯があるため間近までは進めない。以前は自然に描かれた美しいサラサラの砂模様を見ることが出来たが、今では環境の変化によりボコボコと草が生えてしまった。ミステリーバレーを走る有料ジープツアーではトーテムポールのすぐ横を通るが、今は近くまで行って見る価値はない

トーテムポール・ポイント

地図番号⑧

アーチスト・ポイント

平原が広がるはるか向こうに、モニュメントバレーの巨岩群を眺めることができる。名前の通り「芸術性を感じるポイント」だ

ビューポイント見学注意事項

バレードライブは徒歩での移動は禁止

自家用車や有料ジープツアー、ホースツアーで移動する。徒歩の移動は禁止されている。トレイルは一箇所あるがナバホ族がガイドをするツアーで、ビジターセンターで申し込みが必要

バレードライブにはトイレがない

ビジターセンターで必ず済ませてからバレードライブ観光をしよう。観光時間の大体の目安は約2時間

飲料水を用意しておこう

空気が乾燥しているので、こまめに水を飲まないと脱水症状になってしまう。バレードライブには売店がないので、ビジターセンターもしくは近郊の町で用意してから観光しよう

サングラスは必須アイテム

モニュメントバレーはサラサラの砂の為、風が吹くと目や耳に入る。ジープツアーに参加する際は、吹きさらしのジープを使用する場合もあるので絶対にサングラスを忘れずに!

雨、雪が降った後は走行注意

灼熱の枯れた荒野をイメージするモニュメントバレーだが、雨は降るし、冬には雪も降る。モニュメントバレー内の道路・バレードライブは舗装されておらず柔らかなサラサラの砂のため、雨が降ると道がぬかるみ、大きな溝を作る。雨が降った時は、無理に観光せず、速やかにバレードライブを抜けよう

車両保険は利用できない

モニュメントバレー内での事故・故障は、私道扱いになるため保険が利かない

プライベートロードへの進入は不可

モニュメントバレー公園内には、約300人のナバホ族の人々が生活している。観光客が入れない「プライベートロード(Private Road)」の看板が立っているところへの進入してはいけない

「ラスベガス大自然ツアー」がおススメ!

ラスベガス大自然ツアー(http://www.park-tour.net/japan/)

ラスベガスから大自然へツアーを考えているなら!
現地日系旅行会社パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー」http://www.park-tour.net/japan/ をおススメします!

モニュメントバレー [メニュー]

【天気】ラスベガスとモニュメントバレー

【時間】ラスベガスとユタ州と東京

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧