ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム公園情報ブライスキャニオン国立公園 (Bryce Canyon)

ブライスキャニオン国立公園

ブライスキャニオン国立公園

標高の高い厳しい環境だからこそ創りえた大自然の最高傑作

ブライスキャニオン国立公園

アメリカ西部の大自然にはたくさんの国立公園や国定公園、州立公園などあるが、ブライスキャニオン国立公園ほど芸術を感じる場所は類を見ないと思う

フィン

水による侵食、風による風化もそうだが、標高が非常に高いこの土地の天候は、年間300日以上夜間の冷え込みが厳しく、 霜・雨水・雪が岩に浸透し凍りつく。そして日中気温が上がり凍った水が溶け、体積を増して岩が割れ、フィン(写真)、フードゥー(尖塔)になると言われている
※フィン:一枚岩の形状。フードゥー:孤立した一本の細長い岩

何故ブライスキャニオン国立公園全体がこのような形状になったのかは不明。大自然だけが成しえる芸術なのか

ブライスキャニオン国立公園の名前の由来

ブライスキャニオン国立公園夫妻

1万年以上前、この地にはネイティブアメリカンが居住していた。それから長い年月がたち、1875年 キリスト教の一派・モルモン教徒のエベゼネル・ブライスさん夫妻がこの地に定住した。

誰もが「極寒の冬、肌寒い真夏」の厳しい気候のこの渓谷で生活するなんて不可能だと言う中、ブライスさんは一歩ずつ着実に開拓していったのだ。彼の功績をたたえ 「ブライスキャニオン」と名付けられた。
ブライスキャニオン国立公園となってからも、ブライスと名づけられたビューポイントがあるそこにはブライス夫妻の写真、詳細が掲示されている

ブライスキャニオン国立公園メニュー

基本公園情報 基本公園情報
スケール、国立公園指定日、所在地/入園者数/時差/開園時間や、グランドステアケース(大階段)、ブライスキャニオン国立公園・積雪時期は半分以上が通行止め
ブライスキャニオン国立公園に行くには? ブライスキャニオン国立公園に行くには?
ブライスキャニオン国立公園に行くには?
ビューポイント~通年エリア編~ ビューポイント~通年エリア編~
奇怪な尖塔群はこの世のものとは思えない
ビューポイント~夏季限定エリア編~ Photo
冬場は積雪のため、夏季のみ観光が可能なエリア 
無料シャトルバス 無料シャトルバス
夏季のみ運行している。ブライスキャニオン国立公園はシャトルシステムがあまり行き届いていないので、多くの人々は自家用車を利用する
トレイルと注意事項 トレイルと注意事項
ブライス渓谷へ降りて、奇怪な岩々(尖塔:フードゥー)を間近で見ながらトレイルを楽しもう
ホテルとロッジ ホテルとロッジ
ブライスキャニオン公園内のロッジと周辺の町のロッジ、ホテルをご案内
気温・天候 気温・天候
旅行時期の目安にしてみては?

「ラスベガス大自然ツアー」がおススメ!

ラスベガス大自然ツアー(http://www.park-tour.net/japan/)

ラスベガスから大自然へツアーを考えているなら、迷わず!
現地日系旅行会社パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー」http://www.park-tour.net/japan/ がおススメ!

ブライスキャニオン国立公園 [メニュー]

【天気】ラスベガスとブライスキャニオン

【時間】ラスベガスとユタ州と東京

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧