ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム公園情報アーチーズ国立公園ビューポイントとトレイル

ビューポイントとトレイル

パークアベニュー (片道)距離:1.6km

比較的簡単なトレイル。ショートヒルは滑らかな岩石の峡谷へ続いている

バランスロック (ループ)距離:0.5km

バランスロック

どの角度から見ても「すごいバランス!」と感心する。アーチーズ国立公園にあるたくさんのアーチの中でも、大変有名なポイント

ウィンドウズ (ループ)距離:1.6km

サウスウィンドウとノースウィンドウ

サウスウィンドウおよびターレットアーチまでは、約1.1 km。ノースウィンドウも有名なアーチ。是非このウィンドウセクションにある全アーチを見ておきたい

ダブルアーチ (片道)距離:1.2km

ダブルアーチ

多少ばら砂地を通過する簡単なトレイル;壮観なアーチ

サンドデューンアーチ (片道)距離:0.5km

お子様に最適の簡単なトレイル

ブロークンアーチ (片道)距離:2.1km

広大な草原を横切る簡単なトレイル

スカイラインアーチ (片道)距離:0.6km

アーチの近景への岩盤を越える穏やかな散策

デリケートアーチ (片道)距離:4.8km

標高差が146mもあり、日陰はない。1人につき最低1リットルの水を持参すること!見通しのいい滑らかな岩を上っていくが、足腰に自身がある人のみハイキングしよう。夕日が綺麗なポイントとしても有名

ランドスケープアーチ (片道)距離:2.6km

ランドスケープアーチ

デビルスガーデンセクション
多少の標高差があり比較的簡単;砂利の表面。トンネルアーチおよびパインツリーアーチへの短辺ルート

ダブルオーアーチ (片道)距離:6.8km

デビルスガーデンセクション
短い標高変化が多くあり、岩石の多い足場、多少高所にさらされることあり。ナバホおよびパーティションアーチへの短辺ルート

プリミティブループ (片道)距離:3.5km

デビルスガーデンセクション
フィンの間を抜けていくトレイル。雨などで濡れていると滑りやすい。プライベートアーチへの立ち寄りルート

タワーアーチ (片道)距離:5.5km

クロンダイクブラフスセクションに行く道は未舗装故、豪雨時は閉鎖される

アーチーズ国立公園ビューポイントとトレイル地図

アーチーズ国立公園地図

アーチーズ国立公園ビューポイントとトレイル地図

1.公園内のものは一切持ち帰り禁止!

植物、動物、砂、石、文化財などなど全て、公園内のものは持ち帰ってはいけません。ただし自分が出したゴミはゴミ箱もしくは持ち帰りましょう。特にタバコの吸殻のポイ捨ては厳禁×

「残すのは足跡のみ、持ち帰るのは想い出だけ!」

2.飲料水

夏期は、日中の気温が43℃まで上昇することがある。1日1人につき、最低1ガロン(4リットル)の水をご持参すること。暑さや脱水症は命の危険がある

3.落石に注意

ランドスケープアーチ(このページの上部にある写真)は、1991年、長さ18.30m、幅3.35m、厚さ1.22m の落石があった。大変崩れやすくもろいサンドストーンから形成されているので、公園内のアーチは日々形を変え続けているのだ。落石には十分注意しよう!

4.車の運転、駐車

公園内の道路は狭く曲がりくねっているので路上駐車は厳禁×かならず駐車場に止めてから、ビューポイントで見学すること。 また走行時には、歩行者や自転車に乗っている方に注意する。そして安全な追い越し距離(最低3フィート/1メートル)を保つ

5.自転車の運転、駐車

指定の道路のみ許可されている。トレイルやバックカウントリー内でのご使用は出来ない。また走行は1列になること

6.ペット

パークロード、駐車場、キャンプ地はリードを付けて、飼い主がコントロールしていれば歩くことが許されている。ただしトレイル、建物に入ることは禁止されている。 暑い日に無人の車中にペットを残したまましばらく離れ、熱射病により急速に命をおとす可能性がある

「ラスベガス大自然ツアー」がおススメ!

ラスベガス大自然ツアー(http://www.park-tour.net/japan/)

ラスベガスから大自然へツアーを考えているなら!
現地日系旅行会社パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー」http://www.park-tour.net/japan/ をおススメします!

アーチーズ国立公園 [メニュー]

【時間】ラスベガスとユタ州と東京

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧