ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム公園情報アーチーズ国立公園アーチが出来るまで

アーチが出来るまで

アーチが出来るまで

3億年前コロラド高原全域は海の底であった。何百年もの間、往来した洪水や嵐や海からの残留物が塩層に堆積された。岩屑は岩石として圧縮され、1.5kmもの厚さになった。その後海水の蒸発、高原の隆起によって地上にその姿を現した

重力の法則による加圧下での塩は不安定で、アーチの下に存在する塩層は岩石の重さに耐えられなくなった。塩層は移動し、曲がり、液化し、再配置し、ドーム型のように岩石層を上方へ突き出し、全部分が空洞に落ちこんだ

断層が原因の垂直のひびはアーチの進行を助長した。塩の地下移動が進み、更に表面の岩石層を剥離していった

分離した残余物を除いては、ほとんどのアーチの主要な形成物は、サーモンカラーのエントラダサンドストーンおよび鈍黄色のナバホサンドストーンであり、まるでレイヤーケーキのように公園のほとんど全体を覆っている

やがて

アーチーズ国立公園

雨水などの水分が表面の亀裂やひだに侵入し、寒い季節の夜にはその水分は氷となり体積が膨張する。すると岩石を拡張し圧縮させ、こなごなに砕くのだ。その後、風が微粒子を一掃し、一連の独立したフィンを形成する

水がくぼみにたまり、その後最終的には下の層へ通過したとき、科学的風化作用によって ポットホールアーチが形成されます。こうしてアーチとなっていった

アーチーズ国立公園 [メニュー]

【時間】ラスベガスとユタ州と東京

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧