ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

ホーム公園情報アンテロープキャニオン (Antelope Canyon)基本公園情報

基本公園情報

アンテロープキャニオン
スケール
アッパー全長:約7.5km
ロアー全長:約12.5km
所在地/時差/開園時間
所在地:アリゾナ州、アンテロープキャニオン・ナバホ・トライバル・パーク
時差:ナバホ・タイム(ユタ州と同じ) ネバダ州 +1時間
ただし、隣接しているペイジはアリゾナ州なので、夏時間を採用していない。
開園時間:8:00am - 5:00pm (太陽が真上にある昼前後がベスト!)
Mailing Address
Antelope Canyon Navajo Tribal Park
PO Box 4803
Page, AZ 86040
1(928)698-2808
ナバホ族の居留地内の最新情報がわかるサイト
Navajo Parks and Recreation Department
Navajo Parks and Recreation Department
ナバホ族居留地内にあるレクリエーション施設などの情報が載っている

アンテロープキャニオン発見!

Navajo Parks and Recreation Department

1931年 先住民族・ナバホ族の羊飼い少女が巨大な大地の割れ目を発見。それが現在ロアーアンテロープキャニオンと呼ばれている場所。 その後まもなく現在アッパーと呼ばれる巨大な山の裂け目を発見した

アンテロープキャニオンの名前の由来

Navajo Parks and Recreation Department

その当時この地でよく見られたプロングホーン (別名:アンテロープ)(写真)が持つ角の流曲線模様が良く似ていることから名づけられたと言われている

アンテロープキャニオン発見!

1931年 先住民族・ナバホ族の羊飼い少女が巨大な大地の割れ目を発見。それが現在ロアーアンテロープキャニオンと呼ばれている場所。

その後まもなく現在アッパーと呼ばれる巨大な山の裂け目を発見した

ナバホ族とその他先住民族(ネイティブ・アメリカン)

全米先住民族の居留地地図

ナバホ族は約30万人おり、9割が居留地内で生活している。モニュメントバレーには約300人が暮らしていると言われている

現在全米に563種族の先住民族(ネイティブ・アメリカン)が居住している。人口は約280万人。その内の1/3がカリフォルニア州、アリゾナ州、オクラホマ州に各種族が各居留地内で独自の政権、自治を持ち生活している。(リンク画像:全米先住民族の居留地地図byWikipedia)

その中でも一番人口が多く広大な居留地を維持しているのが、モニュメントバレーやアンテロープキャニオンを管理、維持しているナバホ族(Navajo)

公園を管理維持しているナバホ族をはじめとする先住民族の生活は、アメリカ人の生活となんら変わりはない。洋服を着て、日常会話は英語を話す。 全ての先住民族に共通することだが、連邦政府から居留地を与えられ、生活を保障されており、税金はない。そして大学までの学費は無料。今ではほぼ取得不可能なカジノ経営権も与えられている

アンテロープキャニオン [メニュー]

【天気】ラスベガスとペイジ

【時間】ラスベガスとアリゾナ州と東京

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧