ラスベガス旅行情報サイト
まるごとラスベガス

http://marugotolv.com

2017年ラスベガス最新情報 ぎっしり詰まっています!

ツイッター&インスタ・更新中!
■まるごとラスベガス・サイト内検索
例:グランドキャニオン モニュメントバレー ショー HIKAKIN

この夏おススメの公園は?

アーチーズ国立公園
キャピトルリーフ国立公園
ブライスキャニオン国立公園
ザイオン国立公園
モニュメントバレー
デスバレー国立公園 グランドキャニオン国立公園 アンテロープキャニオン
まるごとラスベガス グランドキャニオン国立公園
セドナ
ラスベガス大自然ツアー(http://www.park-tour.net/japan/)

ラスベガスから大自然へツアーを考えているなら、迷わず!
現地日系旅行会社パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー」http://www.park-tour.net/japan/ がおススメ!

夏の大自然は、空気も澄んでいるし、太陽もキラキラしている。それに応えるように大自然も生き生きして見える。
ラスベガス旅行はカジノとかショーなどインドアの楽しみだけではなくて、少し足を延ばせば、とてつもなく雄大で力強い大自然を楽しむことが出来る。世界有数のリゾートと称されるけれど、いやいやぁ ラスベガスは世界一の観光地だと私は思う。
日本の皆さんも是非是非ラスベガスに来て、見て、遊んで、楽しんでほしいと心から思う。

TJ企画(http://www.tjkikaku.com)

ラスベガス発ドライバーガイド募集!
現地日系催行会社「TJ企画」http://www.tjkikaku.com/ がドライバーガイドを募集しています。

TJ企画からメッセージ「ドライバーガイドの仕事は、日本からのお客様にアメリカの雄大な大自然の素晴らしさをご案内出来るやりがいのある仕事です。安全運転を守られる方、親切で明るい接客が出来る方、是非ご応募ください。」

採用情報の詳細はTJ企画ホームページを見てください。http://www.tjkikaku.com/guide/

ラスベガスから出発。公園情報が満載!(12か所)

ラスベガスは大自然への玄関口。どこがおすすめ?

No1 世界遺産グランドキャニオン国立公園。ラスベガスを訪れたら必ず一度はグランドキャニオン国立公園に行くべし!アメリカ西部を代表する公園だけあってスケールが半端じゃない! >>世界遺産グランドキャニオン国立公園情報はこちら<<

グランドサークル地図はこちら

No2 グランドサークルには、人気の高い大自然公園が集中している。そもそもグランドサークルって何?ここでは詳細情報を掲載しているので、自分なりのプランを立てて大自然を満喫してみてはいかがでしょう? >>グランドサークル情報はこちら<<

No3 癒しの聖地・セドナは町全体がパワースポットと言われている。世界中からたくさんの人々が訪れる。特に強いパワーが渦巻くスポットの事を「ボルテックス(Vortex)」と言われている。信じるか信じないかはあなたシ・ダ・イ・・・ >>癒しの聖地・セドナ情報はこちら<<

No4 モニュメントバレーは、西部劇の舞台そのままのアメリカの原平野が見ることができる。日本のCMや雑誌などのメディアでも良く背景に使用されているのを見るけど、やっぱ絵になるこの絶景!ラスベガスまで来たら、モニュメントバレーまで足を延ばして自分の目で体で体験しよう!特にモニュメントバレーの朝日は必見。日本のテレビ番組で「世界一美しい朝日」に認定されたこともある。 >>モニュメントバレー情報はこちら<<

No5 アンテロープキャニオンは、長い年月をかけてコロラド川の水流が大地を削り出した神秘的な渓谷。降り注ぐ太陽の光とのコラボが美しいことで有名な公園。 >>アンテロープキャニオン情報はこちら<<

体験レポート!パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー」
世界一美しい朝日・モニュメントバレー&世界遺産・グランドキャニオン&アンテロープキャニオン1泊2日ツアー」に参加してきた!

現地老舗ツアー会社・パークツアーサービス運営「ラスベガス大自然ツアー

日系旅行会社パークツアーサービスは、ラスベガス旅行を一手に引き受ける老舗ツアー会社。ラスベガスでは日系旅行会社が4社くらいあるが、1番、2番の老舗であり、安全管理を徹底している。ウェブサイト「ラスベガス大自然ツアーhttp://www.park-tour.net/japan/)」(外部リンク)

おススメポイント①:モニュメントバレー朝日鑑賞

モニュメントバレー朝日

日本のテレビ番組で「世界一美しい朝日に認定された・モニュメントバレーの朝日」は、絶対に外せないポイント!

地平線からゆっくりと昇ってきた太陽は、モニュメントバレーの荒野を様々な色に染めながら少しずつ照らしていく。大自然の息吹を体いっぱいに感じ、勇気とパワーをもらえたような感覚になる。きっと一生の思い出としてひとりひとりの体に刻まれるはず。

モニュメントバレー公園内は、先祖代々この神聖なる大地を守る先住民族ナバホ族がジープで案内してくれる。

おススメポイント②:アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

モニュメントバレーと同じナバホ族が管理・運営している公園・アンテロープキャニオン。アッパーという場所と、ロアーという場所の2か所ある。

長い年月をかけ、コロラド川の水流により削り出された大地の中を散策する。大地の中に入ると、美しい流曲線に見とれるが、更に!頭上から降り注ぐ太陽の光によって様々な色彩に変化する。このツアーでは、ロアーを観光。一番美しいアンテロープが見ることができる時間帯にスケジュール設定されている。

おススメポイント③:ホースシューベンド

ホースシューベンド

ここまで来たら絶対に見逃せない超おすすめ絶景ポイント! ビューポイントまでは片道20分ほど歩く。真夏の炎天下の時期はきついが、その先に言葉を失いうほどの絶景が待っているので頑張ろう!

あまりの大迫力に言葉を失う。水必携。

おススメポイント④:世界遺産・グランドキャニオン国立公園

世界遺産グランドキャニオン国立公園

アメリカ西部を代表する一番人気の国立公園。年間500万人以上の観光客が世界中から訪れるマンモス公園。間違いなく必見!

このツアーではグランドキャニオン(大渓谷)を選りすぐりのビューポイントから眺望する。

おススメポイント⑤:ルート66名残の町・セリグマン

ルート66名残の町・セリグマン

団塊世代には懐かしの映画「イージーライダー」の舞台になったルート66。日本の芸能人もたくさん訪れていて、土産屋にはサインや写真が飾っている。ノスタルジックな街並みが落ち着く。

国立公園一覧(6か所)

先住民族公園一覧(4か所)

観光スポット一覧(2か所)

体験レポート(大自然編)一覧

まる得情報!(大自然編)一覧

【天気】ラスベガスと東京

【時間】ラスベガスと東京

ラスベガス市内情報

必須!とにかくホテルのカジノメンバーになる事!特典いっぱい!

カジノメンバーになるには?

Total Rewards

カジノのフロアーにあるリワードカウンターで「身分証明書(パスポートなど)」を提示すれば、21歳以上の人ならメンバーになれる。その場でメンバーズカードを作ってくれる。

同系列ホテルはメンバーズカードを共有して使える

ラスベガスには2大系列「MGMリゾート」と、「シーザースライセンス」がある。その他には、サンズグループやこまごまあり、同じ系列ホテルで遊んだ時は、同じアカウントにポイントがたまっていく。

メンバーカードの使い方

カジノで使う。ビデオゲーム機には必ずメンバーカードを挿入するところがある。テーブルゲームでは、ディーラーにカードを渡す。遊べばポイントがたまっていく。

ポイントをためていくと、ポイント数に応じて階級が上がっていく

たまったポイントは、売店やレストランで利用できる。その他階級によって駐車場が無料、ホテル代が無料、会員限定のイベントに招待、海外旅行をプレゼント!など様々な特典が用意されている。貯めれば貯めるほど、優待特典が豪華になっていく。

カジノに興味の無い方でも、ラスベガス記念に作ってみてね。

一流エンターテインメントショーが毎日どこかで開催されている

大道芸人プロ集団!シルクドソレイユ(7ショー)

O(オー)

日本でもおなじみのシルクドソレイユは、不動の人気です。特に写真・O(オー)が一番人気。毎夜色々なホテルでシルクのメンバーがプロの技を披露している。

人気歌手によるコンサート(3ショー)

セリーヌディオン(Celine Dion)

写真・Celine Dion(セリーヌディオン)、マライヤキャリー(Mariah Carey)、Britney Spears(ブリトニースピアーズ)、Elton John(エルトンジョン)といった、名だたるビッグネームのコンサートをラスベガスで観られるって、すごい街だなぁと感心する。昨年は日本を代表するロックバンド・One Ok Rock(ワンオクロック)もコンサートした。世界を代表するアーチストの豪華なステージを是非お見逃しなく!

世界中の人から愛される英語不要のショー(6ショー)

デビッド・カッパーフィールド(David Copperfield)

日本でも公演をしたことのある、写真・David Copperfield(デビッド・カッパーフィールド)や、Blue Man Group(ブルーマングループ)は大変有名。ラスベガスではロングラン公演中。若者たちの間では、Jabbawockeez(ジャバウォーキーズ)が人気。
世界中からたくさんの人々が訪れる街だけあって、「言語不問」のショーがたくさんある。

無料ショー(4ショー)

噴水ショー・ベラージオ(Bellagio)

街のあちらこちらで無料ショーを楽しめる、珍しい観光地としても有名なラスベガス。無料といっても侮るなかれ、見ごたえのあるショーです。時間を調整して完全制覇しよう!写真・噴水ショー・Bellagio(ベラージオ)

お子様連れのご家族も楽しめるラスベガス!アトラクションと観光スポットで満喫(23か所)

カジノ内は大人が一緒でも子供は立ち止まることが禁止されている。ディーラーに「シッシッ」ってあしらわれる。ラスベガスはカジノだけではない!市内でもたくさん遊べる場所がある!

ADVENTUREDOME(アドベンチャードーム)

アドベンチャードーム(ADVENTUREDOME)

サーカスサーカスホテル (Circus Circus)隣接の遊園地。本格的なアトラクションもあるので、世界中の人々が楽しんでいる

Shark Reef Aquarium(シャークリーフ)

シャークリーフ(Shark Reef Aquarium)

マンダレイベイホテル (Mandalay Bay)内にある水族館。ホテル内の設備としてはちゃんとしている。優雅に泳ぐ魚を見ていると、心が癒されていく

SkyJump(スカイジャンプ)、Big Shot!(ビッグショット)、X-Scream(エックススクリーム)、Insanity(インサニティ)

スカイジャンプ(SkyJump)

ストラトスフィアタワー (Stratosphere) のてっぺんにある絶叫系アトラクションを制覇するぞ!

Welcome To Fabulous Las Vegas Sign(ウェルカム・ラスベガス)

ウェルカム・ラスベガス(Welcome Las Vegas)

ストリップ(ラスベガス大通り)の南端にあるネオンサイン。今では写真撮影スポットとして人気の場所。

ホテル一覧(66か所)

エンターテインメントショー一覧(16ショー)

無料ショー一覧(4ショー)

ショッピングモールとアウトレット一覧(19か所)

アトラクションと観光スポット一覧(23か所)

流行り?の話題 一覧

まる得情報!(ラスベガス編)一覧

ページのトップへ戻る